PR

自動運転 vs. 遠隔運転
 5Gの特集でも紹介しましたが、5Gの有力用途として遠隔操縦/運転がMWC 2018などで数多く実演されていました。これなら、技術的にも法律的にもハードルが高いクルマの自動運転技術より、ずっと実現しやすいのでは?と思わせるほどです。あの「モビルスーツ」を操るアニメも今思えば、(1)AIを搭載した自動戦闘ロボにすればよかった、(2)人が操縦するなら、遠隔でやればよかった、と突っ込みどころが満載と書きかけたら、アニメに詳しい同僚から、あのアニメは「ミノフスキー粒子」で通信できない設定と逆に突っ込まれました。幸い現実世界にはそうした粒子はないので、今後、クルマなどでも、「自動運転か遠隔運転か」の議論は起こりそうです。(野澤)

人、人、人のISSCC
 2017年に続き、2018年も半導体集積回路の国際会議「ISSCC」に参加しました。あくまで私の「肌感覚」ですが、半導体業界が好況なせいか、昨年より活気がありました。休憩時間、講演会場をつなぐ廊下は人でごった返し、通れないほど。参加者は増えたようで、基調講演は、昨年より広い会場と多くの大型ディスプレーを使って行われていました。そして、ちょっとした「食糧難」も。休憩時間に出るコーヒーやクッキーなどはどんどんとなくなります。特に人気だったのはアイスクリーム。気が付いたときには、すっかりなくなっていました。(根津)