PR

 1918年の創業から100周年を迎えたパナソニック。「住空間」「モビリティー」「B2B」の3分野を新たな成長への挑戦領域に定め、事業構造改革の真っ最中だ。社内外の強みを持ち寄り、「クロスバリュー」でイノベーションを起こそうとしている。2018年6月で社長就任から7年目を迎える、経営トップの津賀一宏代表取締役社長 社長執行役員 CEOに本音を語ってもらった。 (聞き手=日経 xTECH編集長 大石 基之、副編集長 川又 英紀)

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する