PR
呉 文精氏(くれ・ぶんせい)
呉 文精氏(くれ・ぶんせい)
1956年5月20日生まれ。1979年4月、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2000年5月以降、GEキャピタル・ジャパン 事業開発本部長。2003年5月からはGEフリートサービス 代表取締役社長兼CEO を務める。2008年6月以降はカルソニックカンセイ 代表取締役社長兼CEO。2013年6月からは日本電産 取締役副社長、2014年6月以降は同社 代表取締役副社長兼COOを歴任。2015年6月からは同社 代表取締役副社長、2015年9月に同社を退社。2016年4月からはルネサス エレクトロニクス CEO付。2016年6月に同社 代表取締役社長兼CEOに就任、現在に至る。(写真:加藤 康)

数年前まで不振にあえいでいたルネサス エレクトロニクスが攻めの姿勢を強めている。2017年にアナログ半導体の米Intersilを買収したのに続き、同じくアナログ半導体の米IDT(Integrated Device Technology)の買収を決めた。車載マイコンではトップの座を死守しつつ、AI(人工知能)によるビッグデータ解析で拡大が続く「データエコノミー(経済)」の成長市場に切り込む。同社CEOの呉 文精氏に買収の勝算を聞いた。(聞き手=日経エレクトロニクス編集長 加藤 雅浩、三宅 常之)

米国の半導体メーカーIDT(Integrated Device Technology)を買収することで合意しました。

 我々は、自動車の頭脳に当たるマイコンとSoC(System on a Chip)市場では世界的にみて強い。伝統的な競争相手であるドイツInfineon Technologies、オランダNXP Semiconductors、伊仏合弁STMicroelectronicsに対して(技術面などで)2~3年は先に進んでいます。自動車分野での顧客ベース(継続的に自社商品を購入する顧客基盤)はしっかりとしており、今後、顧客ベースを取り込むための買収は考えていません。