全4039文字
PR

真っ青な車体に、次世代半導体材料の窒化ガリウム(GaN)の技術を詰め込んだ「All GaN Vehicle」。2019年10月の「東京モーターショー」にそのクルマは現れた。世界初のGaNインバーター搭載の走行車だ。プロジェクトを率いる、ノーベル物理学賞受賞者の名古屋大学の天野浩氏に、GaNの将来について聞いた。(聞き手=野々村 洸)

(写真:上野英和)
(写真:上野英和)

「All GaN Vehicle」の開発経緯を教えてください。

 クリーンな世界、脱炭素社会を目指して開発した小型電気自動車(EV)のコンセプトカーが「All GaN Vehicle(AGV)」です。次世代パワー半導体材料の窒化ガリウム(GaN)を利用しました。環境省がプロジェクトの中心に立って大学や企業に呼びかけ、大学側から名古屋大学や大阪大学など、企業側からパナソニックや豊田合成などが参加しています。