全5086文字
PR
(写真:NXP Semiconductors)
(写真:NXP Semiconductors)
[画像のクリックで拡大表示]

2020年5月にオランダNXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)の新しい社長兼CEOとしてKurt Sievers(カート・シーバース)氏が就任した。NXPは2015年に米Freescale Semiconductor(フリースケール・セミコンダクタ)、2019年に米Marvell(マーベル)の無線事業部門を買収するなど、積極的な投資を行ってきている。同社は今後、どのような戦略で成長しようとしているのか。(聞き手は中道 理、加藤雅浩)

まず、聞きたい。新CEOとしてNXPを今後どのような会社にしたいと考えているか。

 答えは明確だ。機能安全(セーフティー)とセキュリティーを備えたエッジコンピューティングのリーダーになる。半導体産業では、これまでの20年の間、さまざまな機器が成長を支えてきた。2000年~2010年のけん引役はコンピューターだった。具体的にはラップトップPCやデスクトップPC、メインフレームなどがその中心だった。そして2010年~2020年は、スマートフォンやタブレット端末、そしてクラウドコンピューティング用の機器が成長をけん引してきた。

 これから先の10年はエッジコンピューティングが成長を支えていくことになるだろう。このエッジコンピューティングには最高レベルのセキュリティーと機能安全が必要となってくる。ロボティクスなど多様な機械の自動化がエッジでは重要になってくるからだ。また、低消費電力も必要になる。こうした状況に対して、NXPは非常によいポジションにおり、そのための技術も内部に持っている。今後のエッジコンピューティングの成長に寄り添って、我々も成長していける。

エッジコンピューティングでターゲットとしているデバイスは何か。

 大きく3つある。最大のターゲットはクルマだ。自動車分野向け半導体において長い間、1番の地位を築いてきた。当然ここには力を入れる。第2が、製造現場におけるさまざまな機械を含めた産業の自動化分野だ。最後がコンシューマー機器である。つまり、IoTの世界だ。コーヒーメーカーも洗濯機もすべてネットにつながっていくので、ここにもエッジコンピューティングが必要になる。つまり、接続性(コネクティビティー)、セキュリティー、機能安全、計算能力、低消費電力での動作が重要になってくる。対象となるデバイスは、スマートフォンだけにとどまらず、非常に広範囲な機器がサポートされるようになる。

 これからはエッジにおけるAI(人工知能)や機械学習の能力を増やしていきたい。クラウドにデータを送ることによって生じるプライバシーの問題や、クラウドまでデータを送って処理することによって生じる時間の遅れの問題などを解消するためだ。AIおよび機械学習を適用するのは、音声認識やカメラのパターン認識などだ。とにかく低消費電力で機械学習ができる必要がある。