全3999文字
PR
(写真:加藤 康)
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

2021年6月、9年間パナソニックを代表取締役社長として率いてきた津賀一宏氏が社長を退任し、取締役会長に就く。社長就任からの9年間、電機・エレクトロニクス業界をどのように観察し、率いてきたのかを聞いた。また、エンジニア出身の同氏に次世代を担うエンジニアへのエールを送ってもらった。(聞き手=中道 理、加藤雅浩)

2012年6月に社長に就任してからここまで、電機・エレクトロニクス業界をどのように見てこられましたか。

 2012年の社長就任前の1年間、テレビ事業の改革に当時AVCネットワークス社の社長として取り組みました。これが私にとっては象徴的な出来事でした。当時のパナソニックのグローバルな事業の中で最大のものがテレビ事業だったんです。デジタル化、薄型化が本格化し、日本でも地上波のデジタル放送が開始され、アナログ放送が終わるといった頃でした。そういった中でデジタルテレビ、特に我々が注力してきたプラズマテレビからの撤退を決断せざるをえなかったというのが、私たちにとっては非常にインパクトがあり、私の社長就任のときのイメージは「テレビはもはや我々のコア事業ではない」というものでした。これは我々が望んだというよりも、時代の流れとして、それを余儀なくされました。我々は、顧客に対してお役立ちを提供するということで、自動車であったり、航空産業であったりと、BtoB(Business to Business)も含めて、そこに基盤を提供する会社になるという方針を定めました。

 私がエンジニアのときには、デジタル家電という分野で、世界を変える技術を生み出し、世の中をリードするグローバルプレーヤーとしてナンバーワンになることを目指して研究開発をしていました。そうした中で、2000年ごろから分かっていたのは、AVの世界も含めた、様々な世界がコンピューターによって置き換えられるということです。それがいつなのか。このことは絶えず頭の中にありました。

 これを強烈に感じたのが、1996年にパソコン上でDVDビデオを再生するということに取り組んだ経験です。シリコンバレーのベンチャー企業と米Intel(インテル)のCPUが搭載されたパソコンの上で動作するDVDのビデオ再生ソフトを開発する取り組みをしました。当時のパソコンでは1秒間に20コマぐらいしか再生できない。でも、CPUの中に動画再生に最適化された回路が入ったりして、すぐに毎秒30コマを再生できるようになった。私にとってこのことは、非常に印象的でした。AV機器はすべてコンピューターが主体になる。そういう仮説の下にずっとやってきた。ただ当時のコンピューターはディスプレーまで含めると、とにかく図体が大きい。でも、それが例えばもっと小型化して、ディスプレーの解像度が上がり、電池駆動で全部動くようになって、いろんな機能が取り込まれていくのではないかと。まさに今のスマートフォンのようなものです。実際にそうなりました。

 今その流れがクルマにまで及んでいる。入出力はアプリケーション(応用先)に応じて形が変わりますが、コアはどんどんコンピューター化し、それがソフトウエアでネットにつながり、そしてサービスオリエンテッドなビジネスモデルに代わっていくのは必然の流れなんです。