全4894文字
PR

日本の半導体産業の凋落は著しい。人材も海外に流出し、かつて栄華を誇った半導体微細加工技術でも、海外企業に遠く及ばない。日本の半導体産業の再興に研究開発の立場から取り組む東京大学 大学院 工学系研究科 電気系工学専攻 教授の黒田忠広氏に日本の勝ち筋を聞いた。(聞き手=中道 理、小島郁太郎、久保田龍之介)

(写真:加藤 康)
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

世界的な半導体不足が続いています。

 半導体分野は産業全体でいえば製造業ですので、川中に当たります。川上に素材装置、川中に製造設計、川下にデジタル産業があるというわけです。そんななかで不幸な出来事が重なり、半導体不足になった。