PR

 「ロボットごとにコントローラーが必要」という従来の常識を覆し、1台のコントローラーで複数のロボットを制御する「統合制御」を実現したヤマハ発動機の新型ロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」。工場のスマート化を急ぐ自動車メーカーなどから、多くの引き合いが寄せられる。その開発を主導した村松啓且氏に、設計思想や将来の展望を聞いた。 (聞き手=高野 敦)

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料