PR

前回は802.11axが必要とされるようになった理由について解説した。802.11系の無線LANで採用されるCSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)という仕組みが多数の端末が集中する混雑した環境で、スループットの低下を引き起こす。この改善を試みたのが802.11axだ。

 802.11axでスループット改善の鍵となったのが、複数の端末間の送受信を同時に行う「マルチユーザー伝送」だ。複数の情報を1度に送信する多重化技術を利用する。802.11axは複数ユーザーの端末からアクセスポイント(AP)へ同時に送信するアップリンクマルチユーザー(Uplink Multi-User:UL MU)伝送を新たに導入した注1)

注1)実はマルチユーザー伝送に対応したのは802.11axが初めてではない。802.11acはAPから端末への下り方向のマルチユーザー伝送(Downlink Multi-User;DL MU)に対応し、多重にはMU-MIMOが使われていた。ただし、802.11axになってその多重数は4から8に増えている。

 802.11axは伝送データの多重に「MU-MIMO (Multi-User Multiple-Input、Multiple-Output)」と「OFDMA (Orthogonal Frequency Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続方式)」が使えるようになっている(図1)。MU-MIMOが空間を利用してユーザーを多重するのに対して、OFDMAは周波数でユーザーを多重する方式である。

図1 MU-MIMOとOFDMA
図1 MU-MIMOとOFDMA
802.11axでは多重にOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続)とMU-MIMO(Multi-User Multiple-Input、Multiple-Output)の2つが使える。MU-MIMOが空間でユーザーを多重するのに対し、OFDMAは周波数でユーザーを多重する。
[画像のクリックで拡大表示]