PR

ビットコイン採掘(マイニング)用ASICで彗星のごとく現れた中国Bitmain。同社はいかにして覇者となり、これからどこに向かおうとしているのか。成功の理由はASICの開発だけではなく、先行していた競合にはない販売手法を実践したこと。蓄積した収益は、300人を投じたAIチップ開発へ注ぐ。“監視社会”中国ならではの画像認識の需要を見込む。

 「他を圧倒している」というほかない。株式未公開企業の中国Bitmain(比特大陸)は、2017年にASICを用いたビットコイン採掘機市場において台数ベースで67%、演算能力ベースで60%のシェアを獲得した。これら数値はBitmainのライバルである中国Canaan(嘉楠耘智)が、米Frost & Sullivanの調査結果としてIPO(新規株式公開)申請書で示した(図11)

図1 ASICベースのビットコイン採掘機の市場シェア(2017年)
図1 ASICベースのビットコイン採掘機の市場シェア(2017年)
Bitmainは2017年に94万台、合計649万3694TH/秒のビットコイン採掘機を販売したと、Frost & Sullivanはみる。図中の社名を伏せた企業やその他に該当する企業は、Bitfury Group、Whatsminer、Zhejiang Ebang Communication(億邦通信)などとみられる。(出所:Frost & Sullivan)
[画像のクリックで拡大表示]

 これよりも世間を驚かせた数値がある。Bitmainは米NVIDIAよりも稼いだと、ある米メディアが2018年2月に報じた。「2017年におけるBitmainの営業利益は、米国証券会社Sanford C. Bernsteinによれば30億~40億米ドル、営業利益率は65%」という2)。売上高は46億~62億米ドルになる。中国メディアも「2017年前半の純利益は10億人民元(1億5000万米ドル)超」と報じた3)。Bitmainの設立は2013年。それから4年ほどで常識外の成長を遂げて高収益を得たというわけだ。

この記事は有料会員限定です

「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い