全5009文字
PR

HDDの容量が2020年代後半に50TB(テラバイト)を超えそうだ。記録密度を現状の4〜5倍に高める可能性を秘める新技術の実用化が始まるためである。2020年中にも容量20Tバイトの3.5インチ型の量産に適用され、その後も年率15〜20%のペースで容量を拡大し続ける。2020年代のHDDは、容量当たりの単価を下げ続けることでSSDとすみ分ける。

 2020年はHDDにとって転機の年となる。まず、主流製品である3.5インチHDD1台当たりの容量が、20Tバイトの大台に達する。次に、今後10年程度をけん引する新技術の実用化がいよいよ始まる。この新技術は2025~2026年にも50Tバイトを超える容量を達成する見込みだ(図1)。数十Tバイトもの大容量を比較的安価に提供することで、2020年代のHDDの主要な用途は大量データのアーカイブになるだろう。

図1 3.5インチHDDの容量は2025〜26年に50Tバイトへ
図1 3.5インチHDDの容量は2025〜26年に50Tバイトへ
HDDメーカー3社が公表する計画から、今後の3.5インチHDD(いわゆるニアライン製品)の最大容量の推移を予測した。3社とも容量18Tバイトの製品を2020年に出荷する計画で、いわゆる瓦磁気記録(SMR:Shingled Magnetic Recording)方式を利用して容量を20Tバイトに引き上げた製品も登場する見込みだ。マイクロ波アシスト磁気記録(MAMR)や熱アシスト磁気記録(HAMR)を適用した機種の量産も始まる予定である。これらの技術を使うことで、面記録密度の成長ペースは年率15〜20%増に達しそうだ。(図:各種資料を基に今井拓司が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 20Tバイト品の実用化の口火を切ったのは米Western Digital(ウエスタンデジタル、WD)である。通常の磁気記録(CMR:Conventional Magnetic Recording)方式で18Tバイト、いわゆる瓦磁気記録(SMR:Shingled Magnetic Recording)方式で20Tバイトの3.5インチHDDを年内にサンプル出荷すると2019年9月に発表した。量産開始は2020年前半の予定だ。

瓦磁気記録(SMR:Shingled Magnetic Recording)=記録ヘッドを少しずつずらしながら、データを記録するトラックを重ね書きしていくことで、実効的なトラック幅を減らして記録密度を高める方式。データを変更する場合に、まとまった容量の全体を書き換える必要があるためHDDの使い勝手が従来と変わる。今後主流になるデータのアーカイブ用途ではSMR方式の利用が拡大すると見られ、WDは2023年までに出荷されるHDDの容量の半分はSMR方式によるものになると予測している。

 2020年には他社からも同様な製品が登場する見込みである。米Seagate Technology(シーゲートテクノロジー)は2019年11月の2020年度第1四半期決算発表の電話会見で、2020年前半に18Tバイト品を出荷すると表明。この製品はCMR方式であり、SMR方式を適用すれば20Tバイトを実現できる数字である。残る1社の東芝も、2019年11月に開いた技術戦略説明会で、2020年度に18Tバイトの3.5インチHDDを投入することを明らかにしている。