全6705文字
PR

これまで陸上風力発電が主流だった海外でも、より大規模化しやすい洋上風力発電の導入が本格化し始めた。発電コストは急速に低下しており、陸上風力に迫りつつある。当初は着床式が先行するものの、長期的には浮体式が規模や発電コストで洋上風力発電の主軸になる可能性が高い。

 世界の風力発電は日本のはるか先を行っている。世界全体の導入量は2019年末で約650.7GW(図1)。年間発電量で日本全体の電力需要を賄なっておつりが来る水準だ。トップは中国、2位は米国、3位はドイツとなっている。ドイツは61GWで、経済産業省の想定での2030年の導入規模である約10GWの6倍。一見すると日本はとても追い付けそうにない。

図1 世界は651GWの風力発電を導入済み
図1 世界は651GWの風力発電を導入済み
2019年末における国・地域別陸上風力と洋上風力を合わせた累計導入量の比較。世界全体では約651GW分が導入されている。(図:ドイツWorld Wind Energy Association(WWEA)の調査データを基に日経エレクトロニクスが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、現時点の風力発電の世界の導入量は、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が2050年に目指す導入目標である6044GWからするとまだ1割強に満たない。42.195kmのマラソンに例えれば、スタート時点でのトラブルで先頭ランナーからいきなり4.5kmほど差を付けられた状態だ。差は小さくはないが、マラソンは長丁場。その程度の差がついた後に、先頭のペースが急に鈍って逆転することはあり得る。

 実際、これまで導入された風力発電の大部分は陸上風力発電だが、その導入ペースは一部地域では急激に鈍っている。例えば、ドイツでは2017年まで4G~5GW/年のペースで増えていた陸上風力が、2019年は1GW増にまで大幅にペースダウンした。ドイツが2000年に固定価格買取制度(FIT)を導入して以来、最も少ない導入量だという。2020年の増加も同程度とみられている。