全5734文字
PR

今や国家の輸出金額の2割を占めるまでに成長した韓国の半導体産業。その中核が、半導体売上高の世界ランキングで首位のSamsung Electronics(サムスン電子)である。同社は22年も半導体事業に4兆円以上を投資、その地位の確保に急いでいる。韓国在住のITジャーナリストの趙章恩氏に、サムスン電子の最新の半導体戦略を報告してもらう(本誌)。

 2022年4月20日から22日まで、韓国ソウルで開催された展示会「World IT Show 2022」(会場:COEX)では、サムスン電子が「Team Samsung Life」をテーマに出展した。これまでは個々の製品の良さをアピールする展示を行っていたが、今回はリビングのテレビやキッチンの家電、さらにスマートフォン(スマホ)やタブレットなど同社の全製品がIoT(Internet of Things)アプリ「SmartThings」でつながり、ユーザーの生活をより便利に豊かにすると強調した(図1)。これは同社が21年末に行った大胆な組織改革「NEW SAMSUNG」を反映したコンセプトに基づく変化とみられる。

図1 IoTアプリ「SmartThings」に対応したテレビ
図1 IoTアプリ「SmartThings」に対応したテレビ
サムスン電子が22年4月に開催された展示会「World IT Show 2022」に出展した。同社が組織再編で打ち出した「NEW SAMSUNG」の目玉であるSmart Thingsに対応する(出所:サムスン電子)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の組織改革では、顧客にライフスタイルを提案し、顧客体験(CX)を重視するという理念から、従来は家電、スマホ、半導体、ディスプレーの4つに分かれていた事業部門を、DX(Device eXperience)部門とDS(Device Solutions)部門の2つにまとめた。DXはテレビ、家電、スマホ、通信機器、ロボット、医療機器などのセット事業、DSは半導体とディスプレーなど部品事業を担当する。

 22年3月16日に行われた第53回定期株主総会では、同社Vice Chairman, CEO(最高経営責任者)and Head of DX DivisionのHan Jong-Hee氏が登壇し、21年通期の売上高が過去最高の約280兆ウォン(約28兆円)、営業利益が歴代3番目の52兆ウォン(5.2兆円)を達成したと報告した。

 さらにDS部門について、「システム半導体事業は極端紫外線(EUV)露光工程の量産を拡大し、米テキサス州テイラー市に新工場建設投資を決めるなど未来成長基盤を固めた」(Han氏)と説明した。