全2800文字
PR

来るぞ来るぞといわれて久しい、炭化ケイ素(SiC)のパワーデバイスがついに離陸のときを迎えつつある。節目となるのは2025年だ。各社は設備投資を重ね、増産とウエハーの大口径化を急ぐ。

 パワーデバイス各社がうれしい悲鳴を上げている。「現在、SiCパワーデバイスの引き合いが多数寄せられている。2025年度までの案件金額は累計8400億円に上る」(ローム 常務執行役員の伊野和英氏)、「年率80~100%の割合でSiCパワーデバイスの売上高が伸びており、2025年には10億米ドルを突破しそうだ」(インフィニオン テクノロジーズ ジャパン インダストリアルパワーコントロール事業本部長の加藤毅氏)。

 一部の先駆的アプリケーションのみしか搭載されてこなかったSiCパワーデバイスが、2025年を境に多くの電気自動車(EV)に浸透するからだ(図1)。特に、駆動用モーターを制御するインバーターでの採用が本格化する。こうした需要を見越して、パワー半導体メーカーは投資に次ぐ投資を重ね、自動車メーカーとの契約交渉に奔走している。

図1 SiCの本格普及は2025年ごろか
図1 SiCの本格普及は2025年ごろか
SiCパワー半導体のロードマップを示した。各社とも、EV駆動用インバーターへの搭載が進む2024~2025年ごろに本格普及するという意見で一致している。現在は太陽光発電システムやハイエンドのEVで一部使用されるにとどまり、今後の需要増加を見越して設備投資している段階。2030年代になると、縦型のGaNパワーデバイスが競合品として登場してくる可能性もある(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]