畜産業から製造業へ─。今、食肉製造のあり方が大きく変わろうとしている。動物を育て食肉を得るのではなく、細胞を培養し、それらを集めて加工し、食肉とする「食肉2.0」とも呼ぶべき新しいモデルだ。食の安全や安定調達、環境問題、動物愛護の観点から将来、大きな産業になると目され、各国政府が育成に力を入れる。ビジネスチャンスをつかもうと、大手食品メーカーや製造装置メーカーも動き出した。