全6741文字
PR

東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授の竹内昌治氏は2022年3月末、培養肉を日本国内の研究機関で初めて試食した。同氏は、生体の動作機構をロボットと組み合わせるバイオ・ハイブリッド・ロボットなどを手がける工学研究者である。機械工学の視点からみた培養肉の今後の可能性を聞いた。

東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授の竹内昌治氏
東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授の竹内昌治氏
培養肉のみならず、自己修復可能なバイオ・ハイブリッド・ロボットや高感度なバイオ・ハイブリッド・センサーなども研究開発する(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

ここ数年で、国内の大手食品メーカーや製造業の企業などが培養肉事業に参入してきています。なぜこのように盛り上がっているのでしょうか。

 欧州の若者を中心とした環境運動(ムーブメント)の流れが、日本でも起き出しているということなのだと思います。(培養肉は)家畜から出る温暖化ガスや、必要な水や土地の規模のような環境問題を解消できる可能性があります。「食肉は家畜として育てるのではなく、作れる」という話に魅力を感じる若者が集まって一大ムーブメントになっています。

 培養肉はフードテックの代表格的にも取り上げられていて、その中で投資が集まっているという状況です。