全1282文字

 肥後銀行と鹿児島銀行を傘下に持つ九州フィナンシャルグループ(FG)が、スマートフォンアプリの開発に乗り出している。eKYC(Know Your Customer)機能や家計簿機能に加えて、ネオバンクの草分け的存在である米Movenが提供するレコメンド機能などを搭載する点が特徴で、2021年5月末にリリースする予定だ。主に若年層との取引強化につなげたい考えである。

この記事は日経FinTech購読者限定です