全1452文字

 セキュリティートークン(ST)のセカンダリー(流通)市場をいかに整備するか――。これがSTの普及に向けた主要な課題の1つと目されている。この課題の解決策として注目を集めている「大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)」に大手証券会社が集まり始めた。

この記事は日経FinTech購読者限定です