全2828文字

 暗号資産(仮想通貨)はいま、スペキュレーション(投機)の道具になっている。暗号資産の取引が広がり始めた2014年ごろは「通貨」を目指し、決済での活用を真剣に考えていた。

この記事は日経FinTech購読者限定です