全2949文字

 金融ジェロントロジー(老年学)は、加齢に伴う認知機能の変化が金融に関わる行動や意思決定にどのような影響を与えるかを扱う研究領域を指す。「高齢者に適する金融商品やサービスをどう開発するか」という文脈で捉えられることが多いが、我々はもっと広く、加齢に伴う認知機能の変化が経済活動全般に及ぼすさまざまな課題を研究対象としている。

この記事は日経FinTech購読者限定です