全3504文字

 米Plaidは、FinTech企業などに対して銀行口座接続サービスを提供するBtoB企業だ。米Visaが53億ドルで買収しようとし、米司法省が待ったをかけたことでも注目が集まった。Plaidの真の姿をひもとくと、決済企業でもない同社がVisaの競合たりうると判断された理由が見えてくる。

この記事は日経FinTech購読者限定です