全6632文字

 2020年下半期から2021年上半期にかけて暗号資産価格が高騰し、2017年以来の活況となった。ブームを後押ししたのは、金融機関の進出や機関投資家による暗号資産購入だ。同時に、新規参入者たちを支える存在として暗号資産カストディー企業が脚光を浴びている。

この記事は日経FinTech購読者限定です