全7132文字

 ブロックチェーンを活用して、デジタル証券を発行・管理する新たな資金調達方法「STO」が注目を集めている。社債や株式だけでなく、資産価値や収益性を裏付けとした資産金融の文脈での活用も期待される。「匿名組合出資持分」と「信託受益権」をトークンとして扱う際の留意点を見ていく。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料