全1413文字

 ブロックチェーンや暗号資産を土台に、10年、20年先のビジネスを考える。それが当社の役割だ。大和証券グループの中核である大和証券のコアコンピタンスから2歩隣の事業を担うイメージである。大和証券は顧客の高齢化という課題を抱えており、若年層にターゲットを広げていかなければならない。2019年4月に設立したCONNECTは、株式売買などの既存ビジネスをスマートフォンを中心に置き換えるといった持続的な変化で新しい顧客の獲得を目指す。

この記事は日経FinTech購読者限定です