全1637文字

 電子交換所が11月4日に業務を開始した。電子交換所は、紙の手形・小切手がある前提で金融機関間の効率化を図る施策。全国銀行協会は2026年度末までに手形・小切手を全面電子化することを目指しており、過渡期的な役割とも言えるが、金融機関間の事務を電子化することは画期的な出来事だ。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!