全918文字

 投資運用業などを営むスパークス・アセット・マネジメントは2021年9月29日、ESG(環境、社会、ガバナンス)投資に対する意識、実態に関する調査結果を発表した。2021年8月23〜24日の2日間、日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT(不動産投資信託)、金・プラチナなどの金融資産への投資経験者(20〜69歳)を対象に、インターネットを介して調査を実施。

この記事は日経FinTech購読者限定です