全1106文字

 2022年5月、宅地建物取引業法(宅建業法)の改正法が施行され、紙でのやり取りが必要だった文書の電子化が可能になる。これにより、賃貸や売買といった不動産取引の手続きを電子化できる。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!