全1317文字

 世界的な社会課題となっている気候変動対応に向け、日本でも企業を中心に脱炭素の機運が高まってきた。東京証券取引所が「改訂コーポレートガバナンス・コード」においてプライム市場上場企業に対して、TCFDなどの枠組みに基づく情報開示を求めるなど、社会的な要請が強くなっていることが背景にある。

この記事は日経FinTech購読者限定です