全2392文字

 損害保険ジャパンが、34年にわたって運用してきた基幹システムの刷新に臨んでいる。オープン化にかじを切るとともに、システム構造を抜本的に見直した。来るべき環境変化や技術変化に備え、柔軟性や機動性の確保を目指す。

この記事は日経FinTech購読者限定です