全2439文字

 温暖化ガス排出量の削減は、事業法人に投融資する金融機関にとっても人ごとではない問題だ。投融資先の事業会社におけるCO2排出量のデータを取得し、国際的な評価方法にのっとって計算する必要がある。野村総合研究所は、投融資先のCO2排出量の可視化とコンサルティングを組み合わせた新サービスを投入する。

この記事は日経FinTech購読者限定です