全2610文字

 SCSKが金融機関向けに、なりすましや不正ログイン対策を支援する新たなソリューションの提供を開始した。利用者のスマートフォンやPC操作の癖を利用する「行動的生体認証」を活用しているのが特徴だ。利用者のさまざまな属性情報をAI(人工知能)で学習して活用するため、不正利用の検出精度向上が期待できる。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料