全2486文字

 リクルートが、新たな資金調達サービス「Airキャッシュ」の提供に乗り出した。将来債権の買い取りという形態を採り、「Airペイ」の決済額に応じて自動引落で回収するのが特徴だ。新たな金融サービスで、業務・経営支援サービス「Air ビジネスツールズ」を土台としたエコシステム形成を加速させる。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!