全1422文字
PR

今後のものづくりの変化に着目

人々の働き方が大きく見直されている中、今後のものづくりの在り方、日本が得意としてきたものづくりがどのように変化していくかが気になっている。海外の新興国メーカーとの関係で日本のメーカーがどのように変化していくのか、大変興味深く、注視している。(自動車等輸送用機器メーカー、研究・開発)

作業系在宅ワークの可能性

10月号特集「機械加工もネットで注文、手間いらず」は時代の流れだと得心した。ネット発注の加工部品はまず試作や治具段取りで試され、信頼性を確認できれば、次は小ロット品へ採用にステップが進むと思う。特集2「町工場が新型コロナでまさかの在宅ワーク」も興味深かった。溶接の在宅ワークは特殊な事例だ思うが、作業系仕事に在宅ワークが広がる可能性を感じた。(産業用機器メーカー、生産技術・生産管理)

自動車電動化の動きに注視

10月号の日経xTECHラーニングINTERVIEW「自動車電動化の動きを注視せよ」を興味深く読んだ。電動化への動きは激しすぎてその動向を追いかけるだけで大変だ。日経クロステックも活用して、動向に注視していきたい。(教育・コンサルティング、研究・開発)

町工場のAI導入事例を見たい

人工知能(AI)は汎用的な道具として使えるようになってきたように感じる。奇をてらった使い方ではなく、例えば町工場などでリーズナブルに活用しているAI導入事例があれば紹介してほしい。(産業用機器メーカー、研究・開発)

基礎的な技術の紹介を

技術者の参考になる基礎的な技術の紹介を増やしてほしい。疲労破壊や溶接欠陥、材料・熱処理の欠陥といった基礎知識を教える連載がほしい。ものづくりの安全の基本で徹底して覚えるべきだからだ。最近では9月号ものづくりQuiz「アルミ管と鋼板をレーザー溶接どうやった?」がよかった。(その他(官公庁、非会社組織など)、その他)

生産設備向けの製造技術

生産設備向けの一品一葉のような製造装置について特集記事として取りあげてほしい。量産品の製造ラインやロボットのような汎用の製造設備とは異なる設計や部品、製造組み立ての方法論などが見つかるはずだ。(一般機械メーカー、経営)

海外企業との比較記事

現場、現物に密着した記事が重点で、いつも興味深く読んでいる。海外のものづくり企業との比較や機械加工以外の化学品、接着材、めっき、樹脂といった分野の動向についてもっと取り上げてほしい。(機械部品・電子部品メーカー、研究・開発)

アフターコロナの働き方

ものづくり現場におけるテレワークの可能性など、アフターコロナの製造業の働き方や人員配置の動向などを知りたい。大きな流れを概観できるような記事を望む。(教育・コンサルティング、その他)

デジタル技術の活用事例を

ものづくりでのデジタル技術の活用事例を知りたい。環境対応や品質の保証や管理などの業務をデジタルで効率化した事例をどんどん紹介してほしい。(機械部品・電子部品メーカー、製造・工場)

異業種の情報に触れる楽しみ

様々なものづくりの視点で記事が選ばれているので、自身の関連しない業界情報に触れることができて楽しい。新製品などの分解解析やいつもは目にできないものや設備に関する記事を増やしてほしい。(産業用機器メーカー、営業)

バランスの良い構成

最新トピックスと基礎知識の記事がバランスよく組み合わせてある構成が気に入っている。この編集方針は維持してほしい。(その他、その他)