PR

 植物由来の材料「セルロースナノファイバー(CNF)」を自動車部品に応用する研究開発が、環境省の事業「NCVプロジェクト」で進んでいる。2019年開催の東京モーターショーでコンセプト車を展示する予定だ。プロジェクトリーダーの臼杵有光氏はもともと複合材料の研究者。知見を生かし、CNFの活用領域を広げるために力を注ぐ。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料