PR

本記事は、2018 年10月31日〜11月1日開催の「クオリティフォーラム2018」(主催:日本科学技術連盟)に向け実施した事前インタビューの内容を基にしています。

経済産業省でものづくりを司る製造産業局のトップに2018年7月に就任した57歳の新局長は、エネルギー畑が長く、直近は農林水産省でも局長を務めた。異色の人材100年に一度と言われる大変革を迎えつつある日本の製造業の課題をどう見るか、どのような施策を打ち出すのか。考えを聞いた。

写真:栗原克巳
写真:栗原克巳

 製造産業局として強化を考えている施策の柱は大きく3つあります。誤解を恐れずに言うと、「ものづくりだけを見ない」「1本足にならない」「オープンイノベーション」です。