全4219文字
PR

 桜前線があたたかさを運ぶ─。東日本大震災の被災地で得たひらめきが桜の花色をイメージしたアルマイト仕上げや継ぎ目のない押し出し成形に結実した。金属成形と燃焼装置のメーカーが力を発揮した「東京2020聖火リレートーチ」。デザイナーに話を聞いた。(聞き手は中山 力、木崎健太郎)

写真:栗原克己
写真:栗原克己
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンピック・パラリンピックは、アスリートの方々だけでなく、デザインの世界にとっても大変に特別な機会です。2013年に東京への招致が決まったとき、何らかの形で関わりたいとの強い思いが芽生えました。

 その思いを抱いていた2015年に、福島県南相馬市の小学校を訪ねる機会がありました。復興のための取り組みの一環で、子供たちと一緒に桜の絵を描くイベントです。桜が咲く時期になると、日本では何となくみんなあたたかな気持ちになり、それが桜前線の北上とともに伝わっていく。そんなイメージの聖火リレーができたら、災害の重なった日本にとって再起や復興の象徴になるのではないか、という着想を得たのです。

桜のイメージをトーチに

 いいアイデアが浮かぶと、それを形にして見てみたくなるのがデザイナーです。2015年の時点では、聖火リレートーチでデザイン公募があるか分かりませんでしたが、とにかくアイデアを形にしようと模型を作ったり、3Dプリンターで造形してみたりし始めました。

 既にそのころから、今までにない方法で造りたい、と思っていました。具体的にはアルミニウム合金の押し出し成形です。一体で成形するから継ぎ目のない造形ができる。桜のイメージといっても、花びらを1枚1枚造って組み上げるのでは、何か違うと思っていました。

 アルミの押し出しでの製造は原理的には可能なはずと見当をつけていましたが、それなりの個数を造る必要もありますし、現実的に出来るものかどうかは専門メーカーに聞かなければ分かりません。そこで押し出し成形を手掛けるさまざまな会社の方々にお会いしました。

 その時はまだ聖火リレートーチだと言えませんから、照明器具の企画などと説明していました。数十社を回って、「できない」という会社もあれば、できると言いながらもそこまでの熱意を感じられない会社もありました。歴史に残るものなので、単に仕様通りに造るというより良いものを育てて造ろうとしてくれる情熱が必要だと思っていました。そこを「できると思う。ぜひやりたい」と言ってくれたのがUACJ押出加工(本社東京)でした。

 形を決める過程では、何種類も試作しました。燃焼機構を内蔵するスペースを確保した上で、花びらを大きくしたり小さくしたり。花びらをあまり大きくすると、中の機構のスペースが小さくなりますので、どこが限界なのかを探りました。このあたりは理屈だけでは決まらず、今日は太く感じても、明日は細く見えるかもしれませんし、調整しては造ってみるのを繰り返しました。炎をどこから出すかといった要件も、細部までは決めていませんでしたから、一緒に造り込んでいきました。