全4475文字
PR

ロケットの開発と打ち上げを手掛けるインターステラテクノロジズ。精力的に進める超小型衛星打ち上げロケットの開発の背景には「今、飛び込まないと日本はこの市場から取り残されてしまう」との危機感がある。技術も人材もサプライヤーもそろう日本、チャンスは目の前にあると説く。(聞き手は高市清治)

写真:吉田サトル
写真:吉田サトル
[画像のクリックで拡大表示]

 インターステラテクノロジズ(IST)の事業は2つ。1つは「観測ロケットMOMO」です。現在、「人工衛星打ち上げロケットZERO」も開発しており、これも事業化予定です。世界で一番安くて便利なロケットを作ろうという思いを持って、事業にのぞんでいます。

 「なぜロケット打ち上げか」という問いに対しては、「人工衛星の小型化に合わせて、ロケットの小型化・低価格化を進めたいから」と答えています。海上でも山岳地帯でもインターネットを利用できるようにする「衛星による全地球インターネットアクセス」や地球観測などを含めた宇宙産業は現在、日本だけでも2000億円から3000億円程度、ワールドワイドで40兆円規模の市場があると言われています。

 では、宇宙産業のネックは何かというと、ロケットの打ち上げです。開発期間が長い。ロケットの製造にも打ち上げにも多大なコストがかかる。何より技術的に難しい。しかし、ロケットという輸送手段がなければ、宇宙産業の要である人工衛星をはじめとして、地球上から宇宙空間に何も打ち上げられません。それにもかかわらずロケットの打ち上げ数は非常に少ないのが実情です。需要に対して供給が極端に小さい。ロケット打ち上げを担う主要企業になれば、宇宙産業という巨大市場をつかめる。これが当社の狙いです。