全3929文字
PR

2027年開業を目指すリニア中央新幹線の基礎となる技術を鉄道総研で長年手掛けてきた。超電導磁石、リニアモーター、非接触給電……。リニアで培ったコア技術は他の分野に転用可能だ。車輪を使う鉄道はもちろん、分野が異なる製品まで狙う。幅広い展開はリニアにもメリットをもたらすとみる。(聞き手は木崎健太郎)

写真:加藤 康
写真:加藤 康

 リニア中央新幹線につながる「リニアモータ推進高速鉄道」の研究が旧日本国有鉄道の鉄道技術研究所(現鉄道総合技術研究所、鉄道総研)で始まったのは1962年、つまり東海道新幹線が開業する2年前のことでした。余談ですが新幹線も鉄道総研が深く関与した技術で、所在地が「ひかりちょう」(東京都国分寺市光町)と呼ばれるのはそのためです。当時在籍した先輩の話では、当時研究所内に「第2の東海道新幹線が必要になるだろう」との議論があったそうです。新幹線がまだ運行してない、出来上がる前から「多分パンクするから次を造らなければ」と考えていたのです。

 鉄道総研はリニアモーターカーの技術を生み育ててきました。現在も基礎研究は続けていますが、リニア中央新幹線の実用化に向けた開発が始まった今は、これまで研究してきた各種技術を他用途に展開する開発に比重を移しています。例えば超電導磁石をもっと台数が出るエネルギー蓄積装置などに使えれば、今より安いコストで造れるようになるはずです。リニアモーターカーへもたらすフィードバックも期待できます。