全3973文字
PR

目下、経営再建のさなかにある日産自動車。その復活に欠かせないのが、日翔会のバックアップだ。日翔会は、日産自動車に部品を供給する主要企業で構成された協力会。2021年7月にニッパツ名誉会長の玉村和己氏が同会の新会長に就任。新規部品を日本で開発・生産し、熟成させることが日産自動車の復活につながると説く。(聞き手は近岡 裕)

写真:的野弘路
写真:的野弘路
[画像のクリックで拡大表示]

 日産自動車が今、復活しようとしている。その時期に日翔会会長に指名されたのは光栄です。しかし、その一方で日産自動車と共にどのようにして日翔会を発展させていくかを考えると、身が引き締まる思いです。

 日翔会の役割は、会則によれば「会員相互の信頼を基に日産自動車と部品メーカーの相互の発展と親睦を図ること」です。その通りなのですが、より大切なことがあります。それは、日産自動車の経営方針を我々が部品メーカーとして理解し、同じ方向に向かって実践していくことです。その意味で、日産自動車の経営方針や考えを日翔会の会員全体にどのように浸透させるかが、会長である私に課せられた大切な役目だと感じています。

 現在、日産自動車は事業構造改革計画「日産ネクスト」を進めています。その内容についても会員企業に対してより具体的に説明してほしいと要請し、日産自動車から詳細な説明をしてもらいました。例えば、新車をもっと出していくとか、クルマのライフサイクルを短くするとか、生産能力を何割削減するとかいった内容です。その結果、日翔会全体で日産ネクストの理解がかなり進み、ベクトル合わせはほぼできたと思います。

 ただし、日産ネクストを進めるに当たって日産自動車から日翔会に対して原価低減や海外進出といった要請があるわけではありません。もちろん、個々の部品メーカーにはそうした要請はありますが、それは個別に交渉する案件です。少なくとも、私が日翔会に携わった2013年以降は、日産自動車と日翔会とはかなり深い親睦関係を保ってきたと感じています。