全4425文字
PR
写真:今 紀之
写真:今 紀之
[画像のクリックで拡大表示]

2021年8月に三菱重工業を離れ、日本電産グループの一員となった日本電産マシンツール。会社が目指す先は歯車工作機械などでの「ニッチトップ」から、工作機械業界の「世界一」に一変した。経営者として名高い日本電産の永守重信会長の下で、高成長に向けてどのような改革を進めているのか。日本電産マシンツールの若林謙一社長に聞いた。(聞き手は岩野 恵、近岡 裕)

 日本電産グループの傘下に入って最も変わったのは、意識です。日本電産は永守会長が明確な戦略を打ち出して、強いリーダーシップを発揮する会社です。当社がグループに仲間入りした2021年8月2日以降、永守会長は経営指導のために、月に2回は我々のところに来ていました。2022年2月以降は、日本電産が買収したOKK(現ニデックオーケーケー)にも時間を割くため当社に来る頻度は減りましたが、それでもずっと月に1回は来ています。もう合計で15回は来ているのではないでしょうか。

 その訪問の中で徹底的に指導されるのは意識改革です。我々は元三菱重工グループです。名は体を表すと言いますか、ちょっと重たい組織でした。機動的ではなく、意思決定が遅かったと言えます。永守会長には「甘い、それから遅い、そして中途半端だ」と指摘されました。おまけに「売っている機械が高い」とも。

 「甘い」というのは、例えばコストに対する意識です。商売をしているわけですから、製品を安く造り、お客様により良いサービスを提供し、ファンを増やしていくことが当然必要です。価格は市場が決めるので、利益を出そうと思ったらまずコストダウンは非常に大事ですよね。