全1740文字
PR

 鉛筆を削りすぎない手動の鉛筆削り機。これまでは削り終わった時、とがった芯先の硬さに頼って鉛筆の送りを止める仕組みだった。しかし、現代の小学生は2Bなどの軟らかい鉛筆を使う。従来の削り機ではこの仕組みがうまく働かず、削りすぎになってしまう。この欠点を克服しようとソニック(本社大阪府)が開発した削り機は、ある仕組みで削り動作を止める。この仕組みによって、鉛筆削り機は最後にどうなるか。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料
「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

「製造業DX CONFERENCE 2022」開催

デジタル融合で加速するものづくりの進化

製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の最先端を知りたい方に。先進企業の事例やDXを支援する製品/ソリューションを集めたイベントを開催します。参加は無料。

事前登録で動画/資料が見られます

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中