PR
Q.自己修復を10倍に高速化する気体は?
写真:岐阜大学
写真:岐阜大学
[画像のクリックで拡大表示]

中央の写真、実は左上の写真のように2つに切り離した後に、切断面を合わせて放置しただけのものだ。うっすらと痕跡(こんせき)はあるものの、ほぼ元の状態に戻っている。いわゆる自己修復機能を持ったエラストマー(シリコーンゴム)だ。最大の特徴が、ある気体に晒(さら)すことで修復時間が約10分の1になること。その気体とは何か。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料