PR
Q.6万rpmの高速回転体、あえて軸対称にしなかった理由は?
写真:廣瀬貴礼
写真:廣瀬貴礼
[画像のクリックで拡大表示]

写真は、ABB(本社東京)の静電塗装機「RB1000i-WSC」の先端部に取り付けられている「ベルカップ」と呼ばれるチタン合金製の部品。塗装時には最高で6万rpm(6万回転/分)で回転する。よく見ると表面に小さな切り欠き(凹部)がある。一見アンバランスに見えるが、実際にはきれいに回転する。あえて軸対称にしなかった理由とは何か。

この記事は有料会員限定です

「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い