PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

米ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies、以下Uber)の自動運転車が2018年3月18日に起こした死亡事故。夜間の公道での実証実験中に一般人をはねた。事故発生時の生々しい映像が公開されたこともあり、自動運転技術の安全性を不安視する見方も出てきた。Uberの事故をどう捉えるか。自動運転に関する事業開発も手掛ける、名古屋大学客員准教授の野辺継男氏に解説してもらった。(編集部)

 結論から言えば、今回のUberの事故が自動運転技術を全否定することはない。いかなる産業分野でも企業間に大きな技術力の差があり、それは自動運転技術も同じだ。これまでは、いわば“玉石混交”で公道試験が行われてきた。今後は、特定の企業の技術レベルに起因する事故で自動運転技術の健全な開発が影響を受けないように、各社の自動運転技術のレベルを認定し、それに応じて許される公道試験の範囲を決める、基準の設定が模索される可能性が高い。その際、米国では米グーグル(Google)傘下の米ウェイモ(Waymo)の技術レベルが基準設定の参考になる可能性が高い─。これが私の見解だ。