PR

 所定の性能、質量を満たす設計案をコンピューターで自動的に生成する「ジェネレーティブデザイン」に取り組むメーカーが増えている。2018年11月に米オートデスク(Autodesk)が米ラスベガスで開催した「Autodesk University 2018」では、同社の技術を利用して設計の自動化を試みた事例の報告が多数あった*1。その中には日本発の電動車いすメーカーWHILLの事例も見られた。

*1 オートデスクは、3D-CADのクラウドサービス「Fusion 360」で2018年10月からジェネレーティブデザインを標準機能とした。Fusion 360の利用料金は年間約500米ドル。同社は今後、設計変数としてより多くの材料と製造方法(例えば鋳造など)、構造解析以外のシミュレーション(例えば流体解析など)での評価を拘束や最適化に利用できるようにすると表明した。

 現時点では、ジェネレーティブデザインの有用性は主に部品の軽量化で発揮される。オートデスクの技術では生物の骨格のような形状が得られる。そこで製造にはAM(付加製造)を前提とすることが多かった。今回の報告例には軽量化やAMにこだわらず、設計や製造準備の時間短縮を重視する取り組みや、切削加工での製造を前提とする取り組みもあった。