全3653文字

 2019年11月27日~29日に開かれた「IIFES 2019」(Innovative Industry Fair for E x E Solutions、アイアイフェス、東京ビッグサイト)。初日午後には主催3工業会の代表が一堂に集うパネルディスカッション「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」が開かれた*1図1)。議論のテーマは「5G(第5世代移動通信システム)の産業利用」。欧州主導の現状を憂慮して危機感を表明。5Gの産業活用を「日本がIoTを輸出するチャンスになり得る」との提言で締めくくった。

*1 パネリストは日本電機工業会(JEMA)スマートマニュファクチャリング特別委員会の苗村万紀子委員長、日本電気制御機器工業会(NECA)ものづくり・ことづくり委員会の葉山陽一委員長、日本電気計測器工業会(JEMIMA)IoTイノベーション推進委員会の池羽進午委員長に、弊誌編集長の山田剛良を加えた4名。モデレーターは日経BP総研の桔梗原冨夫フェローが務めた。
図1 「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」のパネリスト
図1 「電機・計測業界が描く『MONOZDUKURI』の未来像と5Gの可能性」のパネリスト
左から苗村万紀子氏、葉山陽一氏、池羽進午氏。(写真:安蔵靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

欧州は産業利用前提に5G仕様に“口出し”

 議論冒頭では5Gの産業適用で先行するドイツの状況を日本電機工業会(JEMA)スマートマニュファクチャリング特別委員会の苗村万紀子委員長が解説した。

 ドイツでは産業界と通信業界で5Gの仕様を議論する場として2018年4月から業界団体「5G-ACIA(5G Alliance for Connected Industries and Automation)」が活動中だ。母体はドイツ電機電子工業連盟〔ZVEI(ツヴァイ)〕。「メンバーが面白くて、独シーメンスなど産業機器系と中国ファーウェイや米クアルコムなどのICT系の両方がそろう。独アウディなど自動車メーカーもいる」と苗村氏は説明する(図2)。

図2 5G-ACIAの組織構成
図2 5G-ACIAの組織構成
製造業(OT=Operational Technology)系と通信・情報(ICT)系の有力企業、大学や研究機関などからなる。(出所:5G-ACIAの資料を基に作製)
[画像のクリックで拡大表示]

 呉越同舟の組織が目指すのは「5Gの産業利用に向け、業界として必要なスペックをまとめ、5Gの要求仕様を策定する」(苗村氏)こと。さらに5Gの仕様を策定する「3GPP(Third Generation Partnership Project)」に働きかけ、正式な仕様に取り込むように要請する。実質的に5Gの産業利用のための仕様を5G-ACIAが決めているような状況だというのだ(図3)。

図3 ZVEIと5G-ACIA、3GPPの関係
図3 ZVEIと5G-ACIA、3GPPの関係
ZVEIを母体とする5G-ACIAが産業界の意見をまとめて要求仕様を策定し、3GPPの 5G仕様に大きな影響を与えている。(ロゴ出所:ZVE、と5G-ACIA、3GPP)
[画像のクリックで拡大表示]

 苗村氏は「日本では5Gが産業に使えるのか?といった議論をまだしており、懐疑的な意見も多い。しかし欧州は5Gの産業活用は当たり前で、その実現のための要求仕様を産業界主導で作っている。その差は大きい」と話す。

 実際、5G-ACIAは5G産業利用のユースケースを多数想定し、それぞれで必要な通信の仕様をホワイトペーパー1)として公開している(図4)。「(5Gが普及する時期には)工場内のローカルネットワークと、クラウドまでつながるようなWAN(ワイドエリアネットワーク)が共存できるようになる。その結果、今の産業系制御機器の付加価値がどんどんオープンにされていく」(苗村氏)と危機感を募らせる。

図4 5G-ACIAが提示するユースケース
図4 5G-ACIAが提示するユースケース
「ネットワークスライス」を使って、工場Aと工場Bを結ぶ秘匿性の高いネットワークと工場Aとクラウドをつなぐネットワークを共存させた例。(出所:5G-ACIA「5G for Connected Industries and Automation (White Paper -Second Edition)」)
[画像のクリックで拡大表示]

 苗村氏は5G-ACIAが想定するような5G技術の全てが2020年春に実現するわけではなく、むしろ実現はもっと先になる、と前置きしたうえで「欧州が主導する産業5Gの未来像をまず知り、そこを出発点に日本の未来を本気で考えていただきたい」と提言した。