全3640文字
PR
(写真:日経ものづくり)
(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 中小企業同士が互いに得意な技術を持ち寄り、クラウドで設計情報を共有して素早く製品を開発する─このようなオープン開発の拡大を見込み、3D-CAD大手のフランス・ダッソー・システムズ(Dassault Systemes)社は設計開発用アプリ群「3DEXPERIENCE WORKS 2020」を開発、発売する。3D-CAD「SOLIDWORKS」のユーザーやリセラーを集めて同社が開催したイベント「3DEXPERIENCE WORLD 2020」(2020年2月9~12日、米国ナッシュビル)で公表した。

 同社が運営する、製品データベースを含むデータ管理基盤「3DEXPERIENCEプラットフォーム」にデータとアプリを置き、ユーザーは手元のWebブラウザーから利用する。SOLIDWORKSと連携する3つのグレード(オファー)として「3DEXPERIENCE WORKSスタンダード」「同プロフェッショナル」「同プレミアム」を用意した(図1)。同社はこれまでの、SOLIDWORKSを中心とした個別のツールの提供から、プラットフォームによる多様なアプリの提供へ、方針転換を明確に表明した。

図1 3DEXPERIENCE WORKSの3つの「オファー」
図1 3DEXPERIENCE WORKSの3つの「オファー」
「3DEXPERIENCEスタンダード」「同プロフェッショナル」「同プレミアム」の3つを設けた。それぞれ、現行の3D-CAD「SOLIDWORKS」の「SOLIDWORKSスタンダード」「同プロフェッショナル」「同プレミアム」に相当する機能を含む。価格は、海外向けも含めてまだ公表していない。(ダッソー・システムズによる講演の画面を日経ものづくりが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]