全3642文字

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下新型コロナ)への対応を支援するために、84万件を超える特許が無償開放されている。「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言(以下、知財宣言)」プロジェクトに賛同した国内企業が、続々と特許を開放しているのだ。

 知財宣言は、新型コロナ対策の技術を開発する企業や研究機関に対し、特許などの知的財産の無償開放を呼びかけるもの(図1)。2020年6月16日時点で、キヤノンや島津製作所、トヨタ自動車、日産自動車といった日本を代表するメーカーなど計86団体が賛同を表明している。

図1 「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」のロゴマーク
図1 「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」のロゴマーク
(出所:ジェノコンシェルジュ京都)
[画像のクリックで拡大表示]