全2775文字
PR

 2020年7月、米Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)の4脚ロボット「Spot」がプロ野球の応援に駆け付けた。その数はなんと20台。同じく20台の人型ロボット「Pepper」と合わせて計40台からなる「ロボット応援団」が福岡ソフトバンクホークス(福岡市、以下ホークス)の本拠地福岡PayPayドームに登場(図1、2)。7回裏の攻撃前に流れるホークスの球団歌「いざゆけ若鷹軍団」に合わせてダンスを披露してみせた。

図1 ダンスを披露する4脚ロボット「Spot」
図1 ダンスを披露する4脚ロボット「Spot」
それぞれ20台のSpotとPepper、合計40台のロボットが福岡ソフトバンクホークスを応援するダンスを披露。ホークスのチームカラーは「レボリューションイエロー」だが、偶然にもSpotの本体も黄色だ。写真は福岡PayPayドームのレフトスタンドに設けた特設ステージ。(出所:アスラテック)
[画像のクリックで拡大表示]
(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 4脚ロボット「Spot」、人型ロボット「Pepper」
「Spot」(a)と「Pepper」(b)はそれぞれ、福岡ソフトバンクホークスの「応援仕様」となっている。(出所:ソフトバンクロボティクス)

 その様子はテレビや新聞で取り上げられたほか、SNSなどでも大いに話題となり、ホークスは当初7月限りの予定だった応援企画を延長。内容も拡充して10月末までは応援を続けるとアナウンスしている。

 この応援企画は、ソフトバンクグループのロボット企業であるソフトバンクロボティクス(東京・港)とアスラテック(東京・千代田)が運用している。Spotの国内販売を手掛けるソフトバンクロボティクスにホークスからアイデアが持ち込まれ、これを技術面からアスラテックが支援する形だ。今回、両社の技術者らに取材し、前代未聞のロボット応援団の裏側を聞いた。