全2721文字
PR

 棚に並ぶ検査治具(ゲージ)の1つがスポットライトで浮かび上がる。作業者がそれを手に取り検査を実施、元に戻すと、スポットライトは次に使うゲージに移る─。

 ジヤトコは2020年9月、富士第一地区工場(静岡県富士市)のCVT(無段変速機)ケースの検査工程に、検査作業のミスや漏れを未然に防ぐ新システムを導入した(図1)。標準作業書に沿った順番で次に使うべきゲージを指示、検査の完了も自動で記録する。「作業者が検査結果をチェックシートに書き込まずに済むなど、少なくとも約3%の工数を削減した上に検査の抜け漏れを防げる」(JEPS推進部JEPS推進課の廣崎誠氏)という。

図1 ジヤトコがCVT用ケースの検査工程に導入したシステム
図1 ジヤトコがCVT用ケースの検査工程に導入したシステム
1時間以上かかる検査を3台の設備でカバーする。OKIの「プロジェクションアッセンブリーシステム」を利用した。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

プロジェクターでゲージを照らす

 このシステムがユニークなのはプロジェクションマッピングの手法を使って、次に使うべきゲージにスポットライトを当てて光で指示し、検査完了も手の動きをカメラで検知するなど非接触で稼働すること。一般的なWebカメラとプロジェクターで構成されており、簡単かつ安価に導入できて柔軟性も高い。

 コンピューターからの指示内容はディスプレーではなく、プロジェクターで投映し、棚に置かれたゲージを浮かび上がらせる。作業者はディスプレーなどに視線を移す必要がなく、ヘッドマウントディスプレーやメガネ型ウエアラブル機器を装着する必要もない。OKI(沖電気工業)が富岡工場(群馬県富岡市)で実用化し、2018年10月に外販を始めた「プロジェクションアッセンブリーシステム」を今回導入した。

 開発元のOKIは組み立て工程で利用するが、ジヤトコは検査工程を対象とする点が異なる。また、OKIでは小型で大きさのあまり変わらない部品の選択ミスを防ぐ狙いがあったのに対し、ジヤトコは大小の差が大きい検査用ゲージを扱っており、作業順序の間違いや作業漏れの防止に重点が置かれている。